note は長期的な冒険物語。

 まいにち書いている note は、末吉宏臣というひとりの人間の物語。2年を超えて書いていると、そんな感覚が強くなってきました。まいにち何かしら起こり、何かを思い感じ動き、そうしてまた生きていく、そんな姿を数年単位の長期的な物語として共有していく仕掛けになっています。

 すこし前まで、僕は、こう思っていました。何者でもない、そこらへにいる、ふつうの男の物語など、はたして誰が読みたいだろう、と。自信がありませんでした。もしかしたら僕と同じように感じている人もいるかもしれません。しかし、です。断言します。それでいいじゃないですか。完璧な人なんていません。

 そんな男が何か(本当の自分を取り戻すことだったり、大きな夢なんか)に挑戦していく姿を共有していくこと、そこにはなんらかの、しかし確かな価値がある、と。だって、映画の主人公だってそう。ダメダメな男の子が試練に立ち向かう姿にドキドキワクワクし、それを乗り越えたとき感動するものだから。

 人生は最高のエンターテイメント。ごくふつうの人間が、あるかどうかもわからない可能性に果敢に挑戦する物語。僕は自分の人生の主人公でありながら、それを客観的に記す作家でもある感じです。さて、いまこの物語は、何章めだろう。とにかく、これからは、本気で自分にしかできないことに挑戦していくフェーズ。思いっきりやろう。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。あなたも、あなたの人生物語をエンジョイしてください。物語なんだというふうに考えると、苦しくツラいときだって、耐えたり乗り越える力が湧いてくるかもしれません。

 昨夜は「未来・いま・過去、そのぜんぶから力をもらう」というテーマで、有料マガジンを配信しました。未来ばっかりに目を向けず、いま現在に埋没せず、過去にとらわれず、人生をたのしんでまいりましょう。


 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいニャー。
146

末吉 宏臣

物書き、編集者。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載されています。年中無休まいにち夜の7時に小文を公開しています。いまより本気で人生と向き合うメルマガを月額400円で配信中です。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

《noteで書くって、なんだろね?》 初心者のためのマガジン

note初心者の五百蔵がnote内で迷子にならぬように、 自分をはげまし鼓舞するために集めたもの。いや、いまも集めているもの。 当然ノウハウ的なものもある。カイゼンについてのもある。 基準は独自。何を書いたらいいか考えていきたいから、そんなのも集めている。 #note初...

コメント2件

人生は暇潰し、と言った人がいて、幻滅していました。末吉さんが、人生は最高のエンターテイメントと仰ってくれて、私も自分の人生に彩りを添えられるといいな、と思えました。ありがとうございます😊
世界の見方と意識の力は、大切ですね〜😊 どちらが真実なのかはわかりませんが、世界をたのしく生きる見方を選択していきましょう〜!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。