見出し画像

自分でつくった柵をとっぱらって、外へと飛び出そう。 P010.

 世界は広い。ものすごく広い。ぼくは都営三田線の朝の満員電車のなかで思った。左右の座席にはスーツをきっちり着こなしたサラリーマン。目の前には眠たそうな顔をした若いOLさんが立っている。彼女の小さなバッグをぼんやり見つめながら思った。世界は広い。ものすごく広い。

 あなたの住んでいる世界はどうだろう? あなたの住んでいる世界も広いだろうか? この世界は広いけれど、あなたが住んでいる世界が広いかどうかはわからない。ものすごく広い世界のなかで、小さな柵をつくりそのなかで、働いては、暮らしては、いないだろうか?

 これは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き:1,310文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、人生物語が動き出します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大丈夫。なるようになるさ。
114
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント8件

Ryo Chibaさん、
世界はホントに広い、、、広いからこそ、懐も広くて、その懐に思いっきり飛び込もうと思うのです。無邪気に。
あ、ホリエモンの本のこと、憶えていただいていてうれしいです。1年以上前のことで、単純にすこし古い情報だと感じたからだったりしますー。
世界を、もっと遊びたいです、
はいっ。
石塚さん、
あそぼう、一緒に。
は〜いぃ〜^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。