すぐやる。ちょっとでもやる。

打ち合わせが終わり、お酒もまわり、夜も深まった山手線のなか。これから帰って、久しぶりに泊まりに来る友人と( きっとずいぶんと夜更かしをして )つもる話をする予定。さらにそのあと、noteエッセイの原稿も待ち構えている。

そんなとき、古賀史健さんのnote記事を読んだ。「写経はいいですよ」と、そう書かれている記事と解釈した。( ちなみに写経とは、誰かの文章をそっくりそのまま書き写すことをいう )それを読んで、こんなふうにつぶやいた。

ここに書いているように、ぼくは昔からときどき写経というものをしていた。本田健さんの本や糸井重里さんの「今日のダーリン」、村上春樹さんのエッセイ集などなど。いまでもぼくのパソコンのなかには、これまで書き写してきた文章たちが保管されている。

しかし、どれもエッセイのものばっかり。小説の写経をやったことがないのに気がついた。たぶん無意識のうちに、「小説=長編」の方程式が刷り込まれていて、手を出さなかったのだろうと思った。( だって、『ねじまき鳥クロニクル』やら『カラマーゾフの兄弟』を写経しはじめたら、気が遠くなるほどの時間がかかりそうじゃないですか… )

しかし、古賀さんの記事のなかで、こんなふうに書かれていた。

好きな短編をひとつだけでもこの眼で読み、解き、写していけば、そこから先の文章はずいぶん変わるはずだと思う。

山手線の満員電車のなかで、ちっちゃな稲妻がピリピリと走った感覚にとらわれた。「あぁ、そうじゃん。それならできるな」と。家に帰ってからやることを心に決めた。

が、冒頭に書いたように、友人と深夜2時近くまで話をして、そこから1時間以上note原稿を書いて、パソコンの右上に表示される時間をチラッとみると深夜3時の5分前だった。

最後の力を振り絞って本棚の前に立ち、好きな短編が収められた小説を探す。人差し指を使って本を斜めに傾け、その人差し指と親指で軽くつまんで抜き取る。机に戻り、そこらへんにあるものを重しにしてページを開いて、

 僕は大沢さんに向かって、これまでに喧嘩をして誰かを殴ったことはありますか、と訊ねてみた。

と、キーボードを打ちはじめた。ぱたぱたぱたぱた…。友人が隣の部屋で眠り、奥さんが隣で眠っている。シンと静まり返って部屋で、ぱたぱたぱたぱた…。いい感じで集中していたが、5分が経過すると潔くパソコンを閉じた。

そこから数日。バタバタと忙しい毎日を過ごしている。しかし、一日のうちほんの5分だけでも、1ページだけでも、小説の写経をチクチクと進めている。短編とはいえ、道のりは遠いようだ。でも、、、

すぐやる。ちょっとでもやる。

-------------------------------------------------------------

すぐやる習慣、ちょっとでもやる習慣は、見た目よりもずいぶんと強い奴。派手ではないけれど、地味に心強い。味方につけておきたいものですね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

奇跡のような毎日になりますように。
319

末吉 宏臣

お気に入り記事

4つのマガジンに含まれています

コメント8件

ドクターXや朝ドラを手がける売れっ子脚本家の中園みほさんが、一時期失恋した相手が脚本家で、恋心からその人の脚本作品を端から無心で写経していたら、そのうちに脚本の流れが分かってきて自分の身になったと言うような話を読んだことがあります。あと、作家さんが「文の語呂がうまくいかないとき、夏目漱石を音読すると音痴が治る」と言っていたのを思い出しました。

わたしも短編選んで英語の写経してみようと決めました。
新聞記者出身です。かつて新人のころ、ここでいう「写経」を、上司の命令で毎日してました。いい記事を手書きで書き写すのです(デスクが真っ赤に手を入れたものを読みやすいように清書するだけですが)。そうして、うまい人の文章を書き写し続けることで、どういう文章がいい文章なのかが分かってきます。文章は、毎日毎日、少しずつでも書き続けることで確実にうまくなります。血肉となって来るのです。そして一度身に付いたスキルはなかなか衰えません。「写経」、おすすめです。
(続き)うまい人の文章を、書き写し続けることで、どういう文章がいい文章なのかが分かってきます。血肉となって来るのです。「写経」、おすすめです。
わたしも写経をやってみようかなとなんとなく思っていて、3日前に原稿用紙買ったばかり。テキストは、「沈黙」か、「おまえ、いいな巨人戦もみれるんだろ?」のどっちかにしようと思ってました。がぜんやるき湧いて来ました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。