見出し画像

好きな環境ではたらこう。

 みなとみらいの観覧車を眺めながら、カフェのテラス席でパソコンを開いて仕事をしています。晴れ間が広がり太陽がやわらかく照りつけ、海が近いので湿り気のある風が吹いてきます。クーラーにはない自然な心地よさに仕事がはかどります。

 ふっと昔はテラス席が好きじゃなかったことを思い出しました。そういえばと、過去の記憶をたどってみることに。あぁ〜、このときか。2017年の夏にたどり着きました。場所はフランス。妻とふたりで旅行に来てみたら、ほとんどのお店にテラス席があって、ひとりの人もグループの人も、みーんな快適そうで、たのしそう! そっか、この風景がテラス席を好きにならせてくれたんだ。

 「海外のホテルのプールサイドで、パソコン一台で働くの最高!!」みたいな煽り文句なんかではなく、ほんとうに自分にとって快適な環境で生きていけることはしあわせなことです。たとえば、ジブリの宮崎駿監督。その気になれば、世界中を旅しながら生きていくことだって可能だと思います。だけどやっぱり、毎日スタジオに通って、「面倒くさい面倒くさい」とボヤきながら映画を作りつづけるはずで。毎日同じ場所に通って、同じ人たちと顔を合わせるのだって悪いわけではないですよね。

 会社勤めだから無理です、、と最初からあきらめず、ほんとうに理想の環境があるんだったら、それを実現できる方法を考えていきましょう。現実ファーストではなく、理想ファーストで。すぐには実現できないかもしれませんが、(真剣に)数年かければたいていのことはできたりします。理想は決して忘れずに、毎日を過ごしたいものです。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。あなた(僕)の、ほんとうの、ほんとうの理想ってどんなものでしょうね?

 娘の首元をくすぐると、すっごいテンションでキャッキャと笑うようになりました。もぅ、、、萌え死にしそうです。

 ちょっと前に食べた、オムカレー。いままでありそうで、あんがい食べたことないメニューにテンションが上がりました😊

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

( ´ ▽ ` )ノ
128

末吉 宏臣

物書き、編集者。年内フォロワー1万人を目指してます。応援よろしくお願いします。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載。自分らしく生きるためのメルマガを月額400円で配信中。ツイッター:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

一億総「社長」「復業」時代の働き方と経営術

アーティストもデザイナーも、科学者もエンジニアも、漫画家も著述家も音楽家も役者もゲーマーもアスリートも、そして子どももシニアも、目指せ「独立自存」。😃✨

コメント2件

すこしへこみぎみだったので、この記事よんで頑張ろうとおもえました。
ありがとうございます。
よかったです〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。