ただ、とにかく、座りつづける。

 いやはや、思えば遠くまで来たものです。ちょうど2年前のきょう、2017年7月22日から毎日投稿をはじめました。なんとなく7月の何日かにスタートしたのは覚えていて、1週間くらい前に調べて、そこからやっぱりちょっとソワソワ過ごしてきょうを迎えました。

 あの頃の僕へ。この note を書き始めてくれて、ありがとう。そのおかげで、僕が思い出したり、想像できるだけでも、たくさんのうれしい出会いや出来事がありました。でもほんとうは、それでも足りないくらいの、僕が知らない、目には見えない、いいことがいっぱいあったんじゃないかと思います。あなたのおかげです。

 あなたは、想像もしなかっただろうけどね、僕はいま、小説を書いているんだよ。それもね、浅生鴨さん、燃え殻さん、山本隆博(SHARPの中の人)さんたちと小説集を出しているなんて、びっくりするよね。僕もいまだ、うまく信じられている自信がありません。

 僕に小説の才能があるかどうかなんて、ちっともわかりません。誰かが読みたいと思ってくれるかどうかも定かではありません。物語が動いてくれないときは、よく原稿から逃げ出してしまいたくなります。それでも僕は、ただ、とにかく、座って原稿に向かいつづけます。いい悪い、上手い下手はともかくとして、僕にしか書けない何かを生み出せるように。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。最後に。こうして書きつづけられているのは、読んでくださるあなたがいるからです。これからもよろしければ、ときどき覗きに来てくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

奇跡のような毎日になりますように。
201

末吉 宏臣

物書き、編集者。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載されています。年中無休まいにち夜の7時に小文を公開しています。いまより本気で人生と向き合うメルマガを月額400円で配信中です。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

一般noteユーザーが集めるnoteマガジン

noteの素敵さや可能性を集めています!共同運営なので、興味のある方は招待します!どんどんnoteに関する記事を集めましょう!
1つ のマガジンに含まれています

コメント4件

私は言葉の可能性は自分が発するものではなく、受けとるものの中にある、と気がつきました。そんな末吉さんの文章です。
730日連続投稿お疲れ様です!今後のご活躍にも期待しております(^^)
カノンさん、なるほどです。そうして、そう言ってもらえてうれしいです。
ありがとうございます!
これからも自分の心に従って活動し、書いてゆきたいと思います^ ^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。