見出し画像

妻とはじめて二人暮らしをしたこの部屋と、お別れする日がもうすぐそこまで。 P013.

 わたしはとんかつが食べたい。無性に食べたい。でも、どこのでもいいというわけではない。大五のとんかつが食べたいのだ。プラチナポークヒレの厚いお肉にしつこくないころもで黄金色に揚がった、あのとんかつ。塩からいくか、タレからいくか、、、それが問題だ。

 もしくは、キッチンセロのしっぽりとした雰囲気を味わいたい。妻のジュエリー作品がある冊子の表紙を飾ったお祝いで行った、あの思い出のお店で何種類ものワインをいただきたい。どれを頼んでもハズレのない料理を肴に、カウンターのハイチェアに座り妻と肩を寄せ合って。

 いくつもの行きたいお店、食べたい料理が後からあとから出てくる。太陽が頭の真上からちょっとだけ下りはじめたばかりの時間帯から、今夜食べに行くお店のことばっかり考えている。だからといって、断食をしているとか、人一倍くいしん坊というわけでもない。純粋な食欲というより、食べ物で心を埋めたいのだろうと思う、おそらくは。

 お風呂のお湯を止めに行った。シャワーのあたまに浄水器具をつけているから、シャワーヘッドを湯船から抜き取った瞬間、ある事実を思い出した。「待てよ、このお風呂に入るのも、あと4日じゃないか」その事実は頭のなかにあった。けれども、なぜだかお風呂にお湯をためるその瞬間、その事実は重さを伴って、ぼくのもとへとやって来た。

 ここからは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き:931文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、人生物語が動き出します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日も来てくれてありがとうございます。
123
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。フォロワー1万人を目指していて、あと119人です。ツイッターもやってます。https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント4件

3月からなんですね、フランス🇫🇷

遠くの国僕は行ったことがないのですが、またそこで末吉さんは、たくさん
ほんとうにたくさんの、素敵な
思い出を、重ねられるのですね😄

末吉さんのひとつ一つを大事に
される感性が、
僕は好きです。

フランスへ行っても、変わらない
素敵な末吉さんで
いて下さいね^^
いつもホントにありがとう。
いまは引っ越し第一陣を終えて、仕事に向かっています。今夜は最後の夜、片付けで感傷に浸るヒマもないかもしれませんが、家族3人で最後の夜をたのしみます。
きっと末吉さん家族の幸運エネルギーがたくさん流れている部屋なんだろうなぁ。
引っ越したいな。

ドキドキの新生活レポートをお待ちしてちます!
幸運エネルギーかぁ。そうだったのかもしれないなぁ。そして、そういうエネルギーって育める気もしますね😌 引っ越し、それこそエネルギー動くよね〜。ぜひに✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。