見出し画像

魔女の一撃を喰らいました。

 比喩的な表現ではなく、ヒーヒー、言いながらこれを書いています。タイトルにも書いたように生まれてはじめてぎっくり腰になりました。新宿のカフェで席から立ち上がった瞬間、腰に鋭い電流が走り、まるで漫画のワンシーンのようにひざから崩れ落ちそうになるのを歯を食いしばってこらえました。

 歩いても、座っても、じっと立っていても、なにをしても痛い。おまけに寝てても痛い。「じゃあ、どないせーっちゅーねん!」とヘタな関西弁を口走りそうになります。よる寝ているあいだにも一撃を喰らい、大の大人が泣き叫んでいました。その声に起こされた娘が泣くのを忘れ、僕のことを心配そうに見ていたそうです。

 ありきたりなことを書きたくはないのですが、心の底から、腹の底から、こう思います。健康第一。腰の痛みで、話には集中しにくいし、ご飯の美味しさも何割か減に感じます。健康であることは、それだけで尊いことなんですよね。そのほかの健康な体の部位に、腰には特に念入りに、いつもありがとうね、と感謝をしました。

 体が変調をきたすと、もうひとつやることがあります。体の声に耳を傾けることです。そろそろ仕事のスタイルや住む場所を変えないとな…などとひそかな思いや、押さえこんだ気持ちが体を通してあらわれることがあると考えています。幸か不幸か動けないので、ゆっくり体と対話しようと思います。

 今日も読みにきてくださって、ありがとうございます。ホントにみなさん、健康にはお気をつけください! by 歩くとき子鹿のような男

 昨晩は「必要以上に貯めたお金は足かせになる」というテーマで有料メルマガを配信しました。お金の扱い方で幸せと不幸せって決まりますよね。
ご興味がある方はコチラより↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深呼吸、深呼吸〜。
107

末吉 宏臣

物書き、編集者。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載されています。年中無休まいにち夜の7時に小文を公開しています。自分らしく生きるためのメルマガを月額400円で配信中です。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント13件

かっぱさん
ねぇ〜( ;∀;)
祈りのパワー受け取ります!
Akiumiさん、
ありがとうございます。
しばらく安静にします。。
隅田さん、
ありがとうございます。
ゆっくりする時間を味わおうと思います。
お大事に。以前ギックリ腰になって、それでもふらふらしながら街を歩いていたら…宗教のお誘いを受けました。「苦しいことがあれば、ご相談ください」って。その時、初めて若い女性からケータイ番号教えてもらいました(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。