見出し画像

祈るようにして。

 仕事前にたいへんなものを読んでしまった。午後からのコンサルティング前に、「太田光が自ら語った「ネットでなくてテレビだからこそ伝えられること」~川崎20人殺傷事件について~」という記事を読みました。ドスンと骨身にこたえました。

 太田さんは、犯人と昔の自分が「すぐ近く」にいたと表現し、自分が孤独に苛まれていた時期の経験を赤裸々に告白したうえで、自身が抜け出すきっかけも語られました。それはピカソの絵との出会いだったそうです。本当の言葉だけを話そうと努めている、太田さんの真剣な表情が思い浮かびました。

 僕も今回の犯人のことを他人事には思えませんでした。自分自身の苦しくてたまらなかった日々の記憶がありありとよみがえり胸が詰まり、スタバのコーヒーが喉を通らなくなりました。僕もまた「近く」にいたのだと思います。そしてもしかしたら、多くの人が「近く」にいるのではないかと思います。

 太田さんにとってはピカソだったように、僕にも苦境を抜け出すきっかけとなった一冊の本がありました。たとえば、苦境にいた自分に気軽には言うことなんてできはしませんが、苦しみを抜け出すきっかけもまた「近く」にあったりするのかもしれません。そんなことを書こうと思いながら帰り道を歩いていると、ちっちゃなハートの紙切れが落ちていました。夕焼け空を見上げて祈りました。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 今日も読みにきてくださって、ありがとうございました。この限られた文字数で言語化できるかわかりませんでしたが、書かなければならない衝動に突き動かされて今日の小文を書き上げました。そういうことってときどきありませんか?

 昨夜は「自分のフィーリングを信じる」というテーマで、有料メルマガを配信しました。フィーリングを信じれるようになればなるほど、迷いがなくなったり、サクサク動けるようになります。わかりやすい正解がなくなった時代に大事なことだと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日も来てくれてありがとうございます。
159
物書き、編集者。年内フォロワー1万人を目指してます。応援よろしくお願いします。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載。ツイッター:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント4件

すごく考えさせてくれる内容でした。
僕もあるバンドマンがきっかけで、変わったと思っています。
末吉さんがここまで来てくれて本当に良かったのだなと感じました。
chiropapaさん、
僕もすごーく考えさせられました、感じさせられました。バンドマンが、、そうでしたか。必要な人に、きっかけ、が訪れるといいですよね。
rachelmirrorさんの言葉が、すうぅっと胸にしみてきます。いま公園の芝生に裸足になって、娘をお散歩させています。ふつうの日常にもある、ちっちゃなしあわせみたいなものを感じるきっかけになったらな、なんて思います。きっかけをもらったものは、次はどこかの誰かのきっかけになる、それは暑苦しくはなりたくないけれど、その人のひとつの役割になるんじゃないかなぁと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。