見出し画像

娘の笑顔は、永遠を教えてくれる。

 平日の昼間の水族館は外国の人だらけだった。うす暗く肌寒い通路がつづく。ほんっとうに多種多様な海中生物たちが、我が物顔で僕たちのまわりを泳ぎ回っている。「まだちょっと早いかな〜」なんて心配していた娘は、真剣な眼差しでイルカを見つめていた。アザラシは娘の前で芸を披露してくれた、やさしいな。

 帰り道の夕日はきれいだった。ジンベイザメの模型の大きな口のなかに座って、キャッキャとはしゃぐ娘。彼女の笑顔を見ていると、そっと教えられる。いまこの瞬間こそ永遠である。ただそれだけのことであり、それこそがすべてである。

 そりゃあ、悩みやら不安やらのひとつやふたつ、いやそれ以上か、、僕にだってあります。大人だもの。だけれどもね、いまこの瞬間に娘が笑ってくれている、その隣にはこれまたにこやかに微笑む妻もいて、それ以上なにを求めるものがあろうか、いやない。

 きょうはお昼過ぎに大阪を出て、いま電車で淡路島に向かっています。つい先日から東京から島に移住してきた仲良し夫婦と合流。神社にお参りしたり、酵素風呂に入ったり、夜には美味しいご飯とお酒がきっと待っている。どの瞬間が訪れるのもたのしみだな。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。送りたいライフスタイルを中心に仕事や生活を組み立てていくのもあり、そんな発想もふつうになっていくといいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日も来てくれてありがとうございます。
88
物書き、編集者。年内フォロワー1万人を目指してます。応援よろしくお願いします。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載。ツイッター:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント2件

ご家族で過ごされた休日が、優しい文章で綴られていて素敵だなーと思いました。夕日もとても綺麗で、水色とオレンジ色が半々ずつの一番いい時間帯じゃないでしょうか。
わぁ、うれしいです。
すべてにおいて心安らぐ時間でした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。