見出し画像

目を合わせられて、よかった。 P047.

 急きょ地元の長崎に帰ってきました。脳梗塞で緊急入院したおばあちゃんのお見舞いのためです。いまは母とふたり古びたビジネスホテルの一室でひと息ついています。

 来月3月父の命日に予定していた結婚式に、おばあちゃんも列席を予定してくれていました。89歳で腰も大きく曲がっているけれど、体も気持ちも元気なおばあちゃんだったので、東京での結婚式に出てくることを喜んでくれていた、そんな最中に入った突然の知らせ。妻と一緒にウエディングドレスを試着しに行く日の朝、親戚のおばさんから電話がかかってきて、声を失いました。

 正直な気持ちを、隠さず書きます。

 「またか……」

 ここからは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き: 821文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、魔法のような人生物語が…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

( ´ ▽ ` )ノ
165
物書き、コンテンツプロデューサー。フランス移住を一時断念し帰国。あなたの人生が動き出す本『ヴェヴァラサナ王国』を1日1ページ更新中。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメント (2)
手のひらから、愛情が伝わりますように
おばあさまにちゃんと伝わって良かったですね。その涙が全部を沢山を語ってくれていますよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。