見出し画像

人生は動いていくよ、どこまでも。 P035.

 久しぶりに妻と二人きり、横並びで歩いた。地下鉄の駅から表参道の街並みに出ると、妻が手をつないでくる。「懐かしいねー」そう口にする彼女の顔に目をやる。ドキッとした。なんとも照れ臭くて、すぐに前を向き直す。初デートのときのような、くすぐったい気持ちになった。

 そういえば二人きりで丸一日過ごすのは、娘が生まれてからは初めてのことだ。とはいえ一切遊ぶわけでもなく、ただただ結婚パーティーの準備や打ち合わせに奔走した。それでもやっぱり、二人きりというのは、うれしい時間だった。

 ここからは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き:865文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、人生物語が動き出します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

レット・イット・ビー
122
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント3件

うわ〜❣️手元に届いて生で見ると、いよいよですね〜フランス‼️
おめでとうございます!
手をつなぐあたりから素敵なご夫婦だな、っておもって、ピンクの花びらでこちらからも花吹雪したいかんじ!でした。いよいよですね!
ありがとうございます😊
いよいよ感が増して、ほんとうにドキドキです💓
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。