pexels-photo-316466__2__のコピー

じぶんの本を出版するためのたった1つの質問【コンテンツマラソン#04】

この音声を聴いているうちに、「これかなぁ」というコンテンツの種が見つかり、「これだ!」というコンテンツが構築され、「これぞ」というコンテンツに深めていくことができるラジオ。

ぼくがお仕事をご一緒したベストセラー作家は一様に、発信活動を長期戦としてとらえていた。これは小説家の村上春樹さんだって同じだ。そこで、「コンテンツマラソン」と名付けて、長期間かけてよりよいコンテンツを確立していく応援をしたいと思っている。

第4回目は、『じぶんの本を出版するためのたった1つの質問』というテーマ。

出版の道も一歩から。

紙の書籍はもちろん、電子書籍だったとしても、本になるネタとそうでないネタは存在する。売れるか、売れないかに関しても同じである。

まずはじぶんの中にある本のネタを見つけるところから、出版への道はスタートする。この音声を聴くことで、迷うことなくその一歩目を踏み出すことができると思う。(この質問を灯台のようにして、ぼくのまわりの人たちは著者デビューを果たしていった)

さぁ、未来の本のネタ探しの旅へ出かけよう!

この「コンテンツマラソン」では、毎回ワークシートを準備している。本気でやりたい方は、ダウンロード&プリントアウトして取り組むと、スピードやら深まり方がずいぶんと変わるはず。

追伸、、、
ナビゲーターのいさも興奮してテンションが上がった、とっておきのテクニックもご紹介している。こちらもお楽しみに。

この続きをみるには

この続き: 97文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

堀江貴文さんの電子書籍『なぜ堀江貴文の本は全てがベストセラーになるのか?』をはじめ、200冊を超える電子書籍のプロデュースを手掛けてきた末…

または、記事単体で購入する

じぶんの本を出版するためのたった1つの質問【コンテンツマラソン#04】

末吉 宏臣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

レット・イット・ビー
34
コンテンツプロデューサー、作家。本田健さん公式note、堀江貴文さんの電子書籍、箕輪厚介さんのインターネットラジオなどプロデュース多数。コンテンツビジネススクール主宰。フランス移住を断念し帰国。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

この記事が入っているマガジン

じぶんで作る「売れる電子書籍制作」お得パック
じぶんで作る「売れる電子書籍制作」お得パック
  • 20本
  • ¥1,200

堀江貴文さんの電子書籍『なぜ堀江貴文の本は全てがベストセラーになるのか?』をはじめ、200冊を超える電子書籍のプロデュースを手掛けてきた末吉宏臣のマガジンです。原稿10本、音声セミナー8本が含まれています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。