見出し画像

鳴釜神事のふしぎ体験。 P029.

 今朝はいつもより念入りに歯を磨いていた。ホテルの歯磨き粉の体によさそうではない味は好きではないけど、なぜだか使ってしまう。ふだんは歯磨き粉なしも多いのに。岡山の街を見下ろしながら奥歯を磨いていると、備えつけの電話が鳴った。その下にあるデジタル時計を見ると10:21。受話器を耳に押し当てる。

 「お客さま、チェックアウトは10時でございます。どのようにお過ごしのご予定でしょうか?」泡いっぱいの口でなんとか答えた。「もう出ます」「10:30を過ぎますと延長料金が発生しますので、ご注意ください」カチャン。そこからは2倍速で身支度を整えた。なんとも貧乏性な自分がほんのちょっとだけ嫌になる。

 無事にチェックアウトを済ませて、おおきなキャリーバッグをひっぱって、東京にはなさそうなカフェに入る。ホットコーヒーを片手に、これを書きはじめた。これから家族と合流して、淡路島へ行く。その前に、どうしても昨日あったことを、この岡山の地で書き残しておかねばと、思ったのだ。

 ここからは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き:2,522文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、人生物語が動き出します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日も来てくれてありがとうございます。
107
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント3件

B面というか裏面というか、読むのが楽しみ👹✨
同じく😆
ふふふ…😎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。